A r c h i v e .
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.04.28(Mon)
あの○○病院め!

1ヶ月も面接日を待たせたくせに
「不採用通知」は速攻だよ(゜Д゜)

そして今日 求人雑誌パラパラとみてたら
その病院 また募集広告出してんの!

まーワタシはともかく100人以上の応募の中から
良さそうな人がいなかったのかな・・・

ずいぶんと まー高飛車な病院だね。

頭は悪いけど体力はある!

努力家じゃないけど 協調性はある!

・・・あ それじゃダメか

給料安くても 文句言わないで働くのにィ(笑)

てなワケで次いってみよッ

スポンサーサイト
2008.04.26(Sat)
「ビニールテープを買ってきて!」と
のんチャンから命令されて
100円ショップへパシリにされたワタシ・・・

「何に使うの?」
「教えない!“ヲタク”とか からかうから内緒」
 
“練習に行く”と、友達の家へそそくさと出掛けていきました。
私は、知らん振りをしてあげたが
 
↓このダンスの為だろう(;´д`)


のんちゃんが この動画を検索していた
形跡ありなので たぶん そうだ。
 
黄色のビニールテープを頼まれていたが
あいにく売り切れで 赤を購入。

強制的に部員にされたダイ吉は
↓ポンポンを作らされ(半泣き)
20080427215437.jpg

きのう 岳は のんちゃん(団長)に
「ノリが悪い」と退部させられたらしい

きのう岳から
「アイツ、ママに衣装を作ってもらう」って言ってたぞ?
と、聞いたが

(口が軽い元部員)

ミシンが故障してて私はラッキーだ。

ってか・・・アイツ(娘)は一体
何を目指しているのだろう

2008.04.25(Fri)
面接試験が終わったあと
急に岳にメールしたくなった

「今 終わった。どっと力抜けたわ」

「どうだった?」

レス早っ(゜Д゜)

「どうって?慣れないパンプスで足は痛いわ
ストッキングで コマネチ痒いしさ。脇汗びっしょりだ」


「手応えを聞いてるのだが?
今日 仕事早番だから迎えに行ってやる」


ラッキー!!

一緒にスーパーで買い物をし
今日の おかずを決め なんか カップルみたいだ

家に着き、岳は、のんちゃんのヲタ芸に
つき合わされ・・・

皆で一緒にご飯を食べ・・・
 
ダイ吉は岳と一緒にお風呂に入り・・・
 
私とは 特に会話してないけど

「おーいバスタオル」
「あいよ」

なんか こんなので いいんだ。今日は♪

岳は夜バイトなので しばしの家族ごっこだ。

「バイト休んで欲しいな・・・なーんつって」
「あ゛~むしょうに休みてぇ。俺」

ほっぺムギュー

んでアタシも
「いってらっしゃい」って
 
ほっぺムギュー

岳ちゃんは やっぱり あたいのいいひとです

2008.04.25(Fri)
もう1ヶ月も前に履歴書を郵送して
ようやく今日 面談の日だ。

採用枠が1人に対して100人以上の応募があった
らしいので かなりの競争率(゜Д゜)

それを聞いた時点で私は すでに諦めがついていた。

用意してたマニュアル
「貴社には将来性を感じ・・・ 云々」なーんて
見え透いてる事を言っても、バレバレだと思ったので

どうせ不採用になるのなら言いたい事を
言って帰る気満々だ

面接官「なぜ、この仕事を選んだのですか?」

私「資格は軽い気持ちで取りました。
  講習や実習の単位を取得してるうちに天職だ!
  と、思うようになりました」

面接官「体力的にも精神的にも辛いですよ?
     続けられる自信はありますか?」

私「自信はないです。
  この仕事に就きたいという欲だけです」

自信はないけど うぬぼれはあります・・・
相田みつをさんごめんなさい。ちょっと、パクりました

さぁてと。

G.W明けにでも
ハローワーク行きますかヽ(´ー`)ノ

これだ!と思う所を10社受けてダメなら
違う道に行く事にする。

そのつもり

2008.04.20(Sun)
今日 のんちゃんの陸上大会の応援に行ってきた。

今回 ダイ吉は、たぶん自信がない為だと思われるが
本人曰く「めんどくせぇ」との理由で欠場。

ワタシは“褒めたら図に乗って努力しなくなるかも“って
のんちゃんを褒める事ができなくて、

去年の大会でも 相変わらずビリののんちゃんを
「努力が足りないからだよ。アホか」と、 喝を入れてた。

それでも のんちゃんは

「練習 休んだ事ないし がんばってるんだお?
 でも皆 速いねぇ すごいよね」

ってあっけらかんとしてるの

がんばってるだとぉ?
練習日以外で自主トレとかやってるんか?
あんたはトロいんだから人の倍 練習しないと!


これ位、追い打ちをかけて、
やっと のんちゃんは“ムッ”とするくらいだ。

我ながら鬼だと思う

今年は 小学校生活最後になるし
夏の大会には 手術を控えてるから出場できないので
春・秋に賭けるらしく 放課後練習に加えて
朝、 自主トレするようになった。

(半分はダイエットのためだけど)

今回の大会 800メートルは少し自信があったらしく
朝から意気揚々としていた。

しかし結果は やっぱりビリ・・・

のんちゃんは泣きそうな顔して
「ワタシ何をやってもダメなんだ」と しょげていた。

今回 全道大会の出場候補が
揃いも揃って同じ組にいたもんね

ま~ビリで当たり前っちゃ~当たり前だ( ̄∇ ̄;)

掲示板に貼られたタイムを確認しに行くと

去年のベストタイムは4分15秒
今回は3分20秒

陸上をやってる小6では遅ッ(゜Д゜)っと、
笑われそうなレベルだけど

よくやった!って心から思った。

のん「でもビリには変わりないし」

この子 結構 自信過剰なのね(笑)

いつも半周(200㍍)遅れで、ビリの子が急に
予選通過できるほど 甘くはないのよ。

「順位はビリでもさ~去年の自分のタイムと比べてみ?
 ものすごく進歩してるよ! がんばったねぇ」

のんちゃんの頭をクシャクシャしてワタシが 言ったら
人目をはばからず、わぁわぁ泣き出した。

ワタシに褒められた事が あまりないから
びっくりしたんだろうな(ρ_-)

ワタシも ついにアナタを思いっきり褒めて
やれる日がきてホッとしたわ(笑)

ワタシが嬉しく思ったのはタイムが上がった事よりも
マイペースな のんちゃんが
「今にみてろ」と闘志を燃やした事

のんちゃん自身の納得いく結果出せなくて
「悔しい」って思うようになった事

そゆことヽ(´ー`)ノ

2008.04.18(Fri)
散歩がてらタバコの買い足しのため
近所の自販機まで歩いてた。

ワタシは月の匂いがするっていうのか
とりあえず夜道を散歩するのが好きだ。

道路の向こう側から
「ママー俺も行く。ちゃんと鍵もかけてきたよー」
と、ダイ吉が追いかけてきた。

ゲッ。起きてたんだ(゜-゜)

信号が青になり渡ろうとしたダイ吉。
と、同時に信号無視っぽいの車が((((゜д゜;))))

「キャ~!ダイ吉ィ~危ない!」って
ワタシ咄嗟に走ったらびっくりしてサンダルが脱げて
横断歩道の真ん中くらいで転んでしまったという(-.-;)

スピードは そんなに出てはいなかったのが幸いだけど
もしダイ吉が一秒早く歩き出してて・・・
これが冬道だったとして・・・考えたらゾッとした。

それに加えて 転んで痛いし、恥ずかしいのとで
もう激怒して鼻血ツツーってなって

※激怒すると鼻血を出す体質

「おい!車から降りろ!」
「免許証出せ!」って
ギャーギャー騒いでる間に その白いワゴン車は
バックれたの!!!!!

ムキーーーッ!!

興奮して車のナンバーも覚えてないや。

「あ゛~血ィ出てる」ってダイ吉は泣き出すし
ワタシがカタギじゃなかったら10万円から
オークション開始したことでしょう

くやしいです。・゚・(ノД`)・゚・。

夜の山道に人が歩くわけがないとでも
思ったんかいな?

こちとら怪我してなくても 車から降りて
詫び入れるのが道理と違いまっか?

女なめたらタマ
とられまっせ!


と 、脳内ゴクツマ劇場


2008.04.16(Wed)
今日も また、ダイ吉のものが 大半を占める洗濯物を
干して気がついた。

やたらと のんちゃんの服の袖口がビロ~ンと伸びてる。

家では袖口を引っ張ってる様子もないから
癖じゃないのもなんとなく分かってる。

のんちゃんの右手は生まれつき奇形があり
中指も欠損しているのだけど、たぶんそれを気にして
袖口を引っ張り、なるべく手を
隠すようにしてるだと思った。

私「ねえ、袖が伸びるから引っ張らないでよぉ」
娘「どうもすいまそん。」

すいまそん て( ̄∇ ̄;)

娘「かわかわれてはいないけど・・・気になって。つい」

やっぱりね

私「・・・あのさぁ~頭がはげた人が
 隣にいたらどう思う?」
娘「ん~どうだろう・・・わかんない。」

私「んじゃさ~なんか必死でカツラが微妙に
 ズレてる人は?」
娘「ジロジロみてしまうかも w」

それと同じだ(そうなのか?)

隠くそうとすれば人は見たがるモノだ。

超ミニスカートを履いてモジモジしてる人も
かえって目立つでしょ?(ちょっと違うか)

ってか・・・

カツラはおしゃれアイテムなの?ハゲ隠しなの?

ウィッグとカツラって何が違うの?

あー話が逸れたね。

だけど、のんちゃんも年頃だもんね。

うん うん

ニキビを気にしてマメに洗顔したり、毎日枕カバーを
取り替えたり(少し迷惑だけど)

眉の手入れもするようになったし
体重が増えたのを気にして朝ジョギングするようになった

(だけど 相変わらず食欲旺盛)

ぃやーね。いつか来ると思ってたわ
思春期ヽ(´ー`)ノ

2008.04.15(Tue)
--- そして今日 ---

もう1つ 穴のあいていない方のズボンにも
アップリケをつけろというダイ吉のお願いを
ワタシは却下したんだけど・・・

「昼休みに体育館で 友達と鬼ごっこしてるダイ吉見たよ。
 意味なくスライディングしてて バカか?と思った」

(バカは言いすぎ)

ははーん

わざと穴をあけてアップリケしてもらおう。

と、思ったに違いない

のんちゃんの密告により計画的な犯行だと推定される

(のちにダイ吉は自白)

かえって逆効果だったかも

やれやれ(;´д`)

2008.04.14(Mon)
ダイ吉は ジーンズが嫌い。

コンパクトな寸法しかないくせに
「ちんちん痛くなるから嫌だ」と言って履きたがらない。

ゴム入りのワークパンツは かろうじて履くが、
ディテールが凝ったモノは洗濯しても乾きにくいので
もっぱらジャージ派だ。

学校で めいっぱい汚してきて帰宅後 着替えてから
遊びに行くのでヘビロテでジャージだ。

ナイロン素材って朝に洗濯しても夕方には乾いてるから
助かるんだけど、摩擦に弱いから、どこかにすぐ
穴をあけて帰ってくる。

高価なブランド品なんかは もちろん着せないけど
こう度々 やられては、家計に響くというものだ。

“少し 思い知るがいいわ”と半ば 嫌がらせのつもりで
膝にアップリケをしてやった。

よく言えばレトロ。昭和チック

イマドキの子供はアップリケなんて嫌がるはずだから
「嫌だよー格好悪い」なんて言った日には、
「少しはモノを大事にしろ」って叱ろうと思ってた。

私「ほれ!明日 学校に履いて行きな」
ダイ吉「おぉ!かっけぇ!」

あれ?予想外

嫌がらずに 履いてくれるなら それに越した事はないが。

ダイ吉「もう一個つけて。」
私「ワッペンだってタダじゃないんだからね!ダメ」

かえって、新鮮だったのかもね

2008.04.09(Wed)
もう1週間も前から
「みんな俺の誕生日 祝いたがって うるさいんだよなぁ」

っておまえ(岳)うるさいわ

友達が多い自慢をしたいのか?
それとも「だから会えないよ」とでもいいたいのか?

とりあえず ムカつく。

今日は 岳の誕生日です。

ワタシから“おめでとうメール”を入れる前に

「今日は 俺の誕生日
 でも誕生日がうれしい歳でもないからなぁ」だってさ

なんだろう・・・

なんだろう・・・

なんだろう・・・

とりあえずムカつくんだよぉ( *`ω´)

「さすがに シャンパン2本はきついわ」と 更にメールがきた

ウゼ━━━━!!

「ホントは他の女のところにいるんじゃないの?」
てのが半分と、

「オマエ 自分でいうほど友達いないだろ!」ってのが半分と

なんだろ これ(゜Д゜)

2008.04.04(Fri)
4ヶ月ぶりに髪を切りに行ってきた。

岳はストレートが好きだけど
パーマネントなんか、かけちゃるもんねぇ♪

しかも
「夏になったら浴衣着て髪をアップにして♪」
なんて言ってるけども思い切り短くしてやるんだ!

イメージは固まってるんだ!んッ!

もうすぐ40歳だけどキュートに憧れるわけぇ~

美容師「今日は どんな感じにしますか?」

ワタシ「こ、こんな感じにしたいです」

さすがに、この画像をみせるのに抵抗がありました↓



笑ったろ?!今 笑ったろヽ(*`Д´)ノ

美容師「雑誌取り替えますか?」と言って
持ってきてくれたのは、、、

“すてきな奥さん”と
若者向けのファッション雑誌“zipper”

そこまで気を使わなくても・・・

担当の美容師さんの助手オグラちゃん(21)は
ロットを外したり、シャンプーしてくれる時間の中で

「○○ですか?」から 自分の恋バナになると
興奮しだし「○○だよねぇ?」になるのが可愛かった。

しまいには「田中さん」から
「ねぇ!ねぇ!オセロママ」と呼んでいた。

担当の美容師さんは「シッ!」と目配せをしていたので
陰で ワタシのことをそう呼んでるに違いない

オグラちゃんは
「別に構わないですよねぇ?!」だって(゜Д゜)

オグルァ~!

「シッ!」てやる方が感じ悪いよね w

そういえば・・・

夜のバイト先の
“永ちゃんの友達”だと嘘つく客も偶然いて
美人の美容師さんを指名し

「気持ちはピュアで熱い俺」

口説いてたのにワロタ。

途中でワタシに気づいてウインクしてきたけど
世界のナベアツの“3の倍数の時の顔”になってたよ。

ベイべー

2008.04.03(Thu)
予定より1日早く お金が支給された。

お財布に70円しかなかったので
「今日は もやししか買えないな 」と
あきらめてたので 非常にありがたい。

この間5,000円分のバス券を買わなければ
あと1週間は生き延びれただろうけど( ̄∇ ̄;)

まずは
①バスで街に行く。
②お金を引き出す。
③子供達の靴を買う

その予定で子供達と一緒にバスに乗り込んだのは
いいけども、出発してすぐに気がついた。

バスカード忘れてきた。・゚・(ノД`)・゚・。

のんちゃんからお金を借りたけど、
目的地まではあと140円足りないので、
運賃が上がる手前のバス停で降りようと思った。

「どーしよう! どーしよう!」と騒いでたからだろう・・・

前の席に座ってた老夫婦はその様子を聞いていたようで

「本当は 次のバス停で降りるつもり
 じゃないんでしょ?」と聞かれ

その旨を伝えたら「これ使って」と、バス回数券をくれた。

しかも
「帰りのバス賃はあるの?」と心配して
さらに回数券を渡そうとしたので

「だ、大丈夫です。ほ、本当に 大丈夫です」って、
ドモってしまって、ちゃんと お礼も言えないまま
慌ててバス降りてしまいました。

バスカードも バス賃もないのにバス乗るなよ 俺!

ウワァァ━━━━━。゚(゚´Д`゚)゚。━━━━━ン!!!!

もしも また会えたら ちゃんと
「ありがとう」が言いたいです


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。