A r c h i v e .
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.01.31(Thu)
理由はワタシだって知りたいさ。そりゃ!!
だけど分かったところで楽にはならないんだ

納得できる死ってあるんだろうか。

「霊に導かれたんじゃないか」

「人に騙されたって言ってたし...」

「クスリ喰ってたとか?」

うるさい!うるさい!うるさ~い!

シレッと帰ってくるワケないんだし
もう、どうだってイイよ。

「こんばんにゃ(中略)
ぁたしが冷たくしたからかにゃ?」

ハルがよく『ウケるで』って言ってた女からのメール。
お前バカだろう?

岳がハルの家までの道がよく分からないと
また私を連れて行きました。

「あの女は私にとっては全然ウケないから!」ってハルに
無言のクレームつけた。

『兄さ...お腹出てるから手を組ませたら棺桶の蓋が
閉まらないかと思ったけど 大丈夫だったさ』

泣きながら笑う妹

キツイわ...

『やー笑ってよぉ...』

そ...そうだにゃ

私は心の声で思いっきりハルに嫌味

『ハルさんとは野球また観に行こうって言ってたんですよ...
俺の女 勝手にどこでも連れて行って俺 ヤキモチ妬いて
コイツと何度もケンカしたんっすよ。いつかガツンと
ハルさんに文句言ってやろうと思ってたのに...』

岳は ハルのそばから しばらく離れなかった。

「オマエの彼氏 頑張ってるけど空回りばっかりでよ
イタイ奴だけど何か可愛くてな。」

そういって ハルは岳を弟のように
面倒を見てくれてたっけ

いろんな声...

ハルには聞こえてるんだろうな。
 
secret

trackback url
http://olive4649.blog86.fc2.com/tb.php/16-c9e6be9c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。